千葉県に限らず、葬儀へ出席する際はまず正しい服装をするところから始めましょう。

今回は女性の服装と注意点をまとめました。

持っている喪服またはこれから購入予定の喪服が正しいのか、確認してみてください。

■女性の喪服で揃えるもの

・光沢のない黒い無地の服(ワンピース、スーツ、ボレロなど)

・バッグ

・靴

・ストッキング(スカートの場合)

服装や持ち物は基本的に黒色で揃えましょう。

「女性はスカート」という決まりはなく、ズボンの準備が出来るようならズボンでもかまいません。

詳しい注意点は次の項目で説明します。

■女性の喪服の注意点

・スカート丈は膝下

・バッグは毛皮などの革製品を持って行ってはいけない

・靴は本革でもかまわないが、布製品などの方が良い

・ヒールはピンヒールなどではなく、カジュアルなデザインのものを選ぶ

バッグや靴、ストッキングも服装同様、無地のものを選びましょう。

ストッキングは破れてしまった場合に変えられるように、1、2枚余分に用意してください。

■正しい服装で葬儀へ参列しよう

いくらマナーが良くても、服装がしっかりしていなくては故人や遺族が悲しんでしまいます。

変に注目を浴びてしまうこともあるので、必ず正しい服装で参列するようにしてください。

現在はスーツ専門店等で簡単に喪服が手に入ります。

足りないもの、葬儀に相応しくなかったものは購入しましょう。

人はいつ亡くなるかわかりません。

訃報を受けた際、すぐに駆けつけられるよう準備しておきましょう。

●あわせてご覧ください⇒千葉の葬儀のアドバイスナビ